sp_menu

プライベートブランド詳細

ヒトラーとホロコースト アウシュビッツ 3.強制収容所ゲットー

ストーリー

1941年9月19日から、ドイツ国内のユダヤ人に黄色い星を身につけることが義務づけられた。極端な反ユダヤ主義者に激しく侮蔑され、大多数の人々からは目をそむけられた。
ヒトラーの権力下にあるユダヤ人の運命は既に“根絶”と決められていた。ソ連の占領地域でユダヤ人は開戦以来残虐に殺されていた。キエフ陥落後のバビ・ヤールだけでも、3万3千人が殺された。

中欧のユダヤ人は東方へと送られた。旧ポーランド領内のゲットーの状況は、悪化していった。ウッチのゲットーでは1940年以来、わずか4平方キロメートルの地区で20万人以上のユダヤ人が生活していた。水道や下水設備のない木造のバラックの状況は悲惨で、死亡率はドイツ領内の6倍にも達した。

1941年10月、ドイツなどから到着したユダヤ人がウッチで暮らす場所を作るためポーランドのユダヤ人が絶滅収容所で抹殺された。11月にはドイツ中のユダヤ人が通知を受け取り、再び大規模な移送が行われた。

1941年12月7日の真珠湾攻撃から4日後、ヒトラーはアメリカに宣戦布告した。
1942年3月、再びユダヤ人が東方へと移送された。ワルシャワのゲットーでは、4万人分の住居しかない地域に48万人が押し込められた。ゲットーを壁が囲み、立ち入りは厳しく制限された。衛生や医療、栄養は悲惨な状態で、死亡率は著しく上昇した。人々は路上で絶命し、ゲットーは死を待つ場所となっていた…

セールスポイント

映画『ヒトラー~最期の12日間~』の大ヒットを受け、関連DVD・書籍がリリースされている<ヒトラー>の最たる犯罪的行為である「ホロコースト(ユダヤ人絶滅計画)」にドキュメンタリーで迫ります。この作品はドイツの放送局が戦争当時の貴重な映像と、生き残りの証言者たちの話を交え、ホロコーストを描いたドキュメンタリー作品です。総分数300分の内容で、戦争の真実を深く知ることができます。

キャスト

スタッフ

企画:グイド・クノップ
脚本・監督:モーリス・フィリップ・レミー
編集:ステファン・ブラウバーガー

作品詳細

発売元:エースデュースエンタテインメント
販売元:株式会社ケンメディア
コピーライト:
(C)ZDF 2000
製作年:2000 年
製作国:ドイツ
発売日:2007/11/30
品番:GRVE27072
税込価格:\4,104

仕様

収録時間:50分
映像:COLOR
画面:4:3
音声:DolbyDigitalステレオ
字幕:日本語字幕

特典