sp_menu

プライベートブランド詳細

ヒトラーとホロコースト アウシュビッツ 1.ユダヤ人強制連行

ストーリー

1941年6月22日、ソ連侵攻が始まる。ドイツ軍はわずか数週間でソ連の奥深くまで進軍。背後には特務部隊(アインザッツグルッペ)の存在があり、3000人が共産主義の知識人殺害に関与していた。「政治委員や、党や国家の要職に就いているユダヤ人」が対象で何千人もが犠牲になった。ヒトラーにとって「社会主義」と「ユダヤ人」は同一のものだったため、殺害された人々の大多数がユダヤ人だった。

やがて親衛隊の特務部隊は、年齢に関係なくユダヤ人男性を殺害するようになった。ウクライナやベラルーシ、バルト海沿岸諸国では、民族主義者らによって引き起こされたポグロム(破滅行為)で、多数のユダヤ人が殺害された。順調に進んでいたソ連での進軍も、やがて停滞する。パルチザンの抵抗は激しかった。

やがて特務部隊は、ある年齢以上のユダヤ人は男性も女性も殺害するようになった。残された子供たちさえも、やがて殺害された。

何十万人もの兵士が、ソ連のユダヤ人の組織的殺害というホロコーストの第一段階の証人となっている。彼らが故郷への手紙に書くことは、ほとんどなかった。しかし、休暇で帰国した際には、両親や妻に、このことを話していた。次第に大規模な虐殺の知らせは、人々の間に広まっていった。

ホロコーストが始まった。毎日、ベルリンの本部に、殺害した人数が無線で伝えられた。ロンドンでも密かに傍受されていた。ドイツの暗号は破られていた。イギリスはこの秘密を知っていて、書類に記していた。

セールスポイント

映画『ヒトラー~最期の12日間~』の大ヒットを受け、関連DVD・書籍がリリースされている<ヒトラー>の最たる犯罪的行為である「ホロコースト(ユダヤ人絶滅計画)」にドキュメンタリーで迫ります。この作品はドイツの放送局が戦争当時の貴重な映像と、生き残りの証言者たちの話を交え、ホロコーストを描いたドキュメンタリー作品です。総分数300分の内容で、戦争の真実を深く知ることができます。

キャスト

スタッフ

企画:グイド・クノップ
脚本・監督:モーリス・フィリップ・レミー
編集:ステファン・ブラウバーガー

作品詳細

発売元:エースデュースエンタテインメント
販売元:株式会社ケンメディア
コピーライト:
(C)ZDF 2000
製作年:2000 年
製作国:ドイツ
発売日:2007/11/30
品番:GRVE27070
税込価格:\4,104

仕様

収録時間:50分
映像:COLOR
画面:4:3
音声:DolbyDigitalステレオ
字幕:日本語字幕

特典