sp_menu

プライベートブランド詳細

ヒットラーと将軍たち パウルス スターリングラードの悲劇

ストーリー

ヒトラーによって、フリードリヒ・パウルスが将軍から元帥へと昇進したとき、彼は負け戦にあった。
彼の名前は、スターリングラードの壊滅的な敗北と、常に結びついている。
第6軍の司令官だったパウルスに、優勢に立つソ連軍に対抗するチャンスはほとんどなかった。日に日に、ドイツの前線との距離は離れていった。しかし、何週間もかけてソ連軍と戦った末、コーカサスのドイツ軍へと退却できる可能性が生まれた。しかし、包囲網を突破しようとする試みは失敗に終わった。ヒトラーは、敵の名を冠した都市を放棄するくらいなら、第6軍を犠牲にしようと考えていた。パウルスは、戦闘の直前に元帥に昇進するということは、自殺を命じられたに等しいということを分かっていた。しかしパウルスは、敗北に際して、従順であることをやめた。彼は1943年1月31日、元帥としてはドイツ戦史上初の捕虜となった。
スターリングラードについては、無数の出版物や映像に収められている。フリードリヒ・パウルスの生涯の、スターリングラード前後に関しては、かなりの部分が闇に包まれており、明らかになっていることは少ない。
捕虜となったのち、彼は「自由ドイツ国民委員会」の象徴的存在として、前線の人々に寝返りを呼びかけた。ニュルンベルク裁判では、かつての上司に対して検察側の証人として出廷した。1953年まで、彼は戦争捕虜としてソ連にとどまった。スターリンにとってもっとも重要な戦利品であったため、丁重に扱われた。
東ドイツにとどまるという彼の決心は、冷戦下において、東西ドイツでプロパガンダの材料となった。パウルスは常に非政治的な軍人であろうとしたが、二度目に政治的に利用されることとなった。そのため彼は精神的に破綻した。彼は、捕虜から釈放されて4年後の1957年2月1日に、ドレスデンで亡くなった。スターリングラードの敗北からちょうど14年目のことだった。
この映像では、KGBのアーカイブにある秘密文書の閲覧も行った。スターリングラードの戦闘の印象深い映像や、パウルスと関係が深い人々とのインタビューによって、彼の軍人としての重要な段階の描写が可能となった。包囲網を生き延びた将校や兵士が、絶望的な戦いでの元帥の役割を明らかにする。娘や嫁、家政婦が、フリードリヒ・パウルスの、戦後の一個人としての運命を語る。

セールスポイント

映画『ヒットラー 最後の12日間』の大ヒットを受け、関連DVD・書籍がリリースされている<ヒットラー>にドキュメンタリーで真実に迫ります。この作品はドイツの放送局が戦争当時の貴重な映像と、生き残りの証言者たちの話を交え、ヒットラーの将軍たちを描いたドキュメンタリー作品です。当時の映像から、戦争の真実を知ることができ、すべての巻にある加害者、被害者の証言から、ヒットラーの将軍たちのリアルな歴史と人物像を知ることができます。

キャスト

スタッフ

撮影:グイド・クノップ/クリスチャン・ディック
製作:グイド・クノップ
脚本・監督:クリスチャン・ディック
調査:フレデリック・ドレクラフト/マイケル・レンズ

作品詳細

発売元:エースデュースエンタテインメント
販売元:株式会社ケンメディア
コピーライト:
(C)ZDF 1998
製作年:2003 年
製作国:ドイツ
発売日:2006/11/24
品番:GRVE27068
税込価格:\4,104

仕様

収録時間:49分
映像:COLOR
画面:4:3
音声:DolbyDigitalステレオ
字幕:日本語字幕

特典