sp_menu

プライベートブランド詳細

ヒットラーと将軍たち マンシュタイン 電撃戦の立役者

ストーリー

「あの男は私の好みではないが、能力がある」 アドルフ・ヒトラー
ヒトラーにとって、マンシュタインはもっとも賢明な部下であった。そして連合軍にとっては、「最も危険な敵」であった。マンシュタインは戦争を生き延びた。国家社会主義から距離をおき、なおかつヒトラーのために無慈悲な戦争を遂行したプロイセンの保守的な将軍として、彼の経歴は典型的なものであった。エーリッヒ・フォン・マンシュタインは1940年のフランス戦線の作戦を立案し、「作戦の天才」という評価を得た。マンシュタインの「大鎌作戦」により、彼のもっとも華々しい戦歴であるフランスへの勝利がもたらされた。
ソビエトへの奇襲以降、マンシュタインは第11軍を率いてクリミア半島を占領し、スターリンがもっとも頑強な要塞を築いたセヴァストーポリを陥落した。そして元帥へと昇進した。マンシュタインが主張した撤退を、ヒトラーは受け入れなかった。その結果、25万人もの兵士がソ連軍に包囲された。東部戦線をめぐる意見の相違が激しくなり、1944年、ヒトラーはマンシュタインを南部の戦線へと異動させた。
「プロイセンの元帥は反逆しない」と、ヒトラー暗殺計画にはかかわらなかった。ヒトラーの軍事計画について意見はしたが、暴政での殺戮は彼にとってタブーだった。彼は「非政治的な軍人」であろうとしたが、彼ができた最善のことは、ヒトラーの恐ろしい目標に気づくことなく戦争を行うことであった。
1949年、ハンブルクで行われたイギリスの軍事法廷によって、マンシュタインは18年の禁固刑に処された。1953年5月、健康上の理由により釈放され、連邦国防軍の創設に協力した。
この映像では、戦争に関して、マンシュタインとヒトラーの対立がどのようなものであったか、なぜ彼が最後まで戦争を引き分けに持ち込むことを考えていたか、そしてなぜ彼が反乱を拒んだかが語られる。マンシュタインの息子リュディガーと娘ギゼラは、父親がヒトラーをどのように考えていたか、彼自身はナチ党の独裁をどのように考えていたかを回想する。

セールスポイント

映画『ヒットラー 最後の12日間』の大ヒットを受け、関連DVD・書籍がリリースされている<ヒットラー>にドキュメンタリーで真実に迫ります。この作品はドイツの放送局が戦争当時の貴重な映像と、生き残りの証言者たちの話を交え、ヒットラーの将軍たちを描いたドキュメンタリー作品です。当時の映像から、戦争の真実を知ることができ、すべての巻にある加害者、被害者の証言から、ヒットラーの将軍たちのリアルな歴史と人物像を知ることができます。

キャスト

スタッフ

撮影:グイド・クノップ/クリスチャン・ディック
製作:グイド・クノップ
脚本・監督:クリスチャン・ディック
調査:フレデリック・ドレクラフト/マイケル・レンズ

作品詳細

発売元:エースデュースエンタテインメント
販売元:株式会社ケンメディア
コピーライト:
(C)ZDF 1998
製作年:2003 年
製作国:ドイツ
発売日:2006/11/24
品番:GRVE27067
税込価格:\4,104

仕様

収録時間:49分
映像:COLOR
画面:4:3
音声:DolbyDigitalステレオ
字幕:日本語字幕

特典