sp_menu

プライベートブランド詳細

ヒットラーと将軍たち カイテル 追従のみで元帥となった男

ストーリー

「彼はまさに私が探していた人物だ」 アドルフ・ヒトラー
カイテルは独裁者に仕える従順な軍人の典型であり、ヒトラーに対する献身的な姿勢のため、彼には「ラカイテル(追従者カイテル)」というあだ名がつけられた。元帥としての彼は、勲章をつけた操り人形程度の存在でしかなかった。
1930年代はじめには、彼はドイツ国防軍の秘密裏の再軍備において、中心的な役割を果たしていた。
これにより、ヒトラーの侵略戦争が可能となった。カイテルは国防軍最高司令部総長として、政権の残忍な策に軍人たちを投入する重要な役割を果たした。彼が署名した命令書に基づいて行われた数々の集団暴力、特にソ連への進軍の命令は、その後の数多くの戦争犯罪への道をならすものとなった。
ニュルンベルク裁判での彼の後悔は遅すぎるものだった。カイテルは軍人として銃殺刑を望んだが、1946年10月16日、絞首刑に処された。
アーカイブに残されていた映像では、カイテルの精神的な側面が描かれている。彼のモラルが正常に機能しなかったために、何百万人もの兵士だけでなく、何十万人もの民間人に不幸をもたらした。カイテルが、ドイツ国防軍の秘密裏の再軍備において果たした重要な役割、数百万人におよぶソ連軍の捕虜を計画的に殺害した責任、そして戦争末期における神経ガスの大規模投入という終末的な計画といったものが、犯罪的な独裁者に魅了された軍人の経歴に沿って示されている。

セールスポイント

映画『ヒットラー 最後の12日間』の大ヒットを受け、関連DVD・書籍がリリースされている<ヒットラー>にドキュメンタリーで真実に迫ります。この作品はドイツの放送局が戦争当時の貴重な映像と、生き残りの証言者たちの話を交え、ヒットラーの将軍たちを描いたドキュメンタリー作品です。当時の映像から、戦争の真実を知ることができ、すべての巻にある加害者、被害者の証言から、ヒットラーの将軍たちのリアルな歴史と人物像を知ることができます。

キャスト

スタッフ

撮影:グイド・クノップ/クリスチャン・ディック
製作:グイド・クノップ
脚本・監督:クリスチャン・ディック
調査:フレデリック・ドレクラフト/マイケル・レンズ

作品詳細

発売元:エースデュースエンタテインメント
販売元:株式会社ケンメディア
コピーライト:
(C)ZDF 1998
製作年:2003 年
製作国:ドイツ
発売日:2006/11/24
品番:GRVE27064
税込価格:\4,104

仕様

収録時間:49分
映像:COLOR
画面:4:3
音声:DolbyDigitalステレオ
字幕:日本語字幕

特典